主人と仲良し

16

22年の時、仲良しとして知り合ったとある夫のことをいいなと思ったのですが、主人にはその時とってもお似合いの彼氏がいると聞いていて、自分に自信がなかったこちらは語りかけることもせずにユニットで話してはあるものの、総じて語学らしきことをしていませんでした。

皆転職やらどうもで集まることも無くなり、電話も知らなかったので、いいなというガッツを引きずりつつも、のちのち見合うことはないだろうと思い3層が経ちました。

こちらは相変わらずの日々で、旦那もおらず、地道に過ごしていて、たまに当時の仲良しという個別に会っていました。

当時の仲良しと出会うと主人のことを思い起こしますが、さぞかし彼氏という賢くいってるんだろうと思い込んでいたら、仲良しが急に主人を呼ぼう!と言い出しました。

急に何?と言うと、主人からこちらといった出会える機会を作ってほしいと言われていたけど徹頭徹尾忘れていて、といった通年前に言われていたことを言い出したんです。

私としては彼氏はどうなったの?と聞くと、3層前に間もなく別れていたとかで、仲良しもそれを年間前に聞いたそうです。

それくらい無い人脈になっていた主人は友達の連絡を受けて呼吸を切らしてやってきました。

変わってないなぁとお互いに微笑みあって、主人が仲良しに両人にさせてよ!といった洒落ぽくいって仲良しを追い払うように水入らずになりました。

急に大真面目になった主人は、なぜあの時連絡をくれなかったの?と聞いていたんです。

主人は私のことを好きになって、彼氏と別れ話を進め、私の仲良しにこちらを探し出すように報知を通じていたんだそうです。

それでも何のすれ違いかこちらには伝わらず、電話も知らないし振られたと思った主人はあきらめたそうです。

先々何人かが連絡を取り合う中でこちらものの仲良しにたどり着いて、出会う機会を作ってほしいとお願いしてまた放置されていたそうです。

こちらは笑ってしまいました。

こんなにもすれ違うって無縁ってことかなぁ、と言うと、じゃなくてやっと会えたから、うまくいくようにしていきたいんだけど。と真剣に言われました。

私も主人も自分からは貫く仲間だ。

こんな風に再会できて付き合うなんて神秘等でした。

今も平穏でのんびりした生活に主人がいてくれて大いに幸せです。

http://アネロスヒリックスシン.xyz

色恋時代でした

61

自分は先月のクリスマスは3歳年下の旦那といった過ごしました。

亭主は昨年の1月に自分がふとともだちの飲みに行った居酒屋さんの隣の席で飲んでいた、夫大群の一人だ。

自分は前の恋愛の終わりに落ち込んでいて、早く気持ちを切り替えて、次の色恋に向かおうとしていた時代でした。

横の夫らが声をかけてきてくれ、一緒に呑むことになりました。
はじめはいやに若い人たちと思いましたが、お互いお酒の器量もあったので一緒に飲み込むことにしました。

様々話をしていると、奴らは大して率直で正に微笑ましく思いました。

そんなとき、急にその一番大人しそうな亭主に電話を引っかかると言われました。

自分も飲んでいたので、軽々しい感じでラインを言いつけました。

そうしたら個人的に連絡をとり取りかかり、延々と話していると、誠に3歳年下ではありますが、おんなじ生年月日で、他にも各種ところで共通点があり、同時にギャップが近づき、日数も無くお付き合いをすることになりました。

自分は仕事柄、人のケアをするのがお宝で、年下の亭主にも思わず尽くしてしまうが、先月のクリスマスでは…今まで見たことない男らしさを感じました

自分が気にしている階級ズレを捉え止める頼もしさでした。亭主からまさかのプロポーズ。

指輪を急に渡され、者をこれから、もっと永遠に守っていきたいだ。結婚して下さいって。

自分は瞬間、何がついつい分からなくなりましたが、一体全体うれしく、亭主にぎゅーといった抱きつき、婚姻を宣誓しました。

あんなクリスマス、ほんとうにようやくでしたし、今まで生きてきて最高峰、幸せな季節をクリスマスで考えることができました。

最高のクリスマスプレゼントになりました。

http://www.chiroclinix.net/

恋人がプライスじゃないよ

m

今年のクリスマスは、正午ご飯を食べた後にデパートやモールをめぐってお互いに考えていた欲しい物を探してキャンペーンを買うことから起動しました。

欲しいものを考えていても多々見てると目移りしてしまって結構決めれなかったけど、思い切り時間をかけてぼくはいらっしゃる銘柄のネックレスを売り払うことにしました。

ストレート、自分が考えてたプライスより高い物で良いのかなと思ったけど恋人が、プライスのことは一般気にせずに結構欲しい物をプレゼントしたい、それが自分にとっても頂点嬉しいことだからと言ってもらえて実際優しい人ですなと思って改めて宝物になりました。

今度は、ぼくが恋人にキャンペーンを貰うばんになりました。恋人も、ほしい物は決まってるみたいだけどなかなか色んなお店をめぐって何やかや見ていました。

ようやくほしい物体が決まって買ったけど明らかに私のキャンペーンとのほうが値段も厳しいしバランスが取れてないんじゃないかなぁとして不安しました。
も、そちらも恋人がプライスじゃないよ、胸中が肝要だよって言ってくれて再び優しすぎる!大好きです。

夜は、ライトアップを見に行きました。すごく大規模で興奮があがって映像も根こそぎ撮りました。花火もあがって、ずいぶんロマンティックでした。
本当は、こういう業者は恋人が告白してくれた2お客様において備忘録の場所なのです。

アフターピルの通販はこちら!

そうして、クリスマスの太陽に2人で備忘録の場所に来れてすごい幸せです。

ミッドナイト食べ物は、クリスマスということで贅沢にクリスマスミールをいただきました。

そうしたら、旅館に行きました。旅館でスパに入って贅沢づくしな一年中でした。

も、頂点幸せなことは午前まで思う存分恋人といれることです。

そうして楽しすぎるクリスマスの一年中は過ぎていきました。